マンガ「赤髪の白雪姫」17巻を読んで

あきづき空太さんのマンガ「赤髪の白雪姫」17巻を読みました。
木々と縁談の話があった相手が次々に襲われる事件が発生し、黒幕としてミツヒデの名があげられてしまいます。ミツヒデの疑いを晴らすため、ゼンたちが真犯人を追い詰めるというストーリーでした。
おとりとなるため、危険に身をさらすことを承知で木々に求婚したヒサメの潔さが素敵でした。ヒサメはずっとミツヒデをライバル視してくるイヤな奴というイメージが強かったのですが、狙われて肩を負傷しても顔色一つ変えず冷静さを保っていた姿は、とてもかっこよく見えました。
そして、ベルガット家の双子ツルバとタリガの生い立ちが徐々に明らかになり、二人で必死に生き抜いてきた歴史を知って胸が痛みました。ウィラント城の式典で「本物の主がいる光景」を目撃して涙した双子の顔がとても印象的でした。
ベルガット編はバトルが多い内容で、それはそれで面白かったのですが、白雪がほとんど登場しなかったのは少し残念でした。次巻こそは、白雪とゼンが再会するシーンをぜひ読ませてほしいです。http://www.valkenstore.com